起業してビジネスを始めるなら早い方がいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・営業第一線での活躍は40代まで


「営業の第一線で活躍できるのは40代までかな」この言葉は、今までの多くの営業の先輩達から言われきた言葉です。

もちろん、これはあくまでも第一線での仕事に限定したことですが。

そして、起業してスタートするには、最初は営業力がすべてですから、この話は「起業するなら」「起業して活躍するには」にも置き換えられる話でもあります。

僕は、今まで会社や業種が変わっても、営業という職種だけは変わらず、20年程度仕事をしてきました。

そして、僕自身今まで多くの営業の先輩方を見てきても、確かに言われる通り、営業の第一線での活躍は40代までかなと思っています。

それはなぜかというと、だいたい今社会の第一線で活躍している世代というか、日本を動かしている世代というの、30~40代がメインになります。

20代はまだ勉強中でしょうし、50代は後方支援的な部分が多くなるでしょうか。

・40代までに起業した方がいい理由


そんな中、仮に50代で新規に起業して営業に行くとなると、その活躍世代の30~40代の人達と新しいことを生み出して仕事をするということになります。

そうなると、どうしても彼らの若さゆえの未熟さですとか、ノリについていけなくなり、自然とトークも説教くさくなったり、新しいことに対して新規でチャレンジすることも消極的になり、話もだんだんとかみ合わなくなるからとのことでした。

もちろん、これは第一線でということですから、そんなに大きな規模の起業でなければ50代からでもぜんぜん問題ないと思っていますし、70代でもまだまだ起業したり、営業として頑張っている方もたくさん知っていますので、無理と言うつもりはないです。

しかし、何も基盤がない中で起業してやっていくには、営業というのは、やはりかなり重要なスキルということは間違いないと思います。

ですので、脱サラして、起業したいというのであれば、できるだけ早く、気力や体力で無理がきく、40代までには始めた方がいいと思います。

ただ、仮に50代以降であったとしても、30~40代の世代を超えた人達と一緒に起業するなら、彼らが最前線に立てばいいだけなので、問題ないとは思います。

・今回のまとめ


何かを始めるには年齢はまったく関係ありませんが、脱サラして起業して、ビジネスを始めようと思うのであれば、気力や体力が充実している、40代までにはスタートした方がいいかもしれません。

 

 

 

 

■札幌で集客に活かすプロフィール写真出張撮影します→

 

●札幌の独立起業/集客専門家がいるコワーキングカフェSALOON札幌へ→

 

関連記事

プロフィール

独立起業集客専門家/札幌コワーキングカフェSALOON管理人カトケイ

もっと詳しく見る