• このエントリーをはてなブックマークに追加

・お客様に味の意見を聞いても判断できない


先日、夜にふらっとあるラーメン店に入りました。そこではネギラーメンを推していたので食べてみましたが、メインのネギが緑の部分がほとんどで正直イマイチな味でした。

帰り際店員さんに「味がどうっだたか、正直に答えてもらえないでしょうか?」と聞かれたので、その通りにイマイチと答えて帰りました。

そこで、帰りながら僕がどう思ったかというと、多分、もうそのお店はリピートしないだろうな、ということでした。

なぜかというと、判断基準は味だけではなく、それ以外のサービスや外装内装、清潔感などトータルな感覚で、そのお店のことを評価していて、けっして味だけが判断基準ではなっかたからでした。

僕以外にもすべてのお客様に聞いていると言っていましたが、多分お店側は、この味だけを変更したら喜ばれてリピートしてくれると思うと思いますが、

お客様は食べるプロであって、作って提供するプロではないので、その日の気分や体調、そして僕が思った雰囲気などが加味されて大きく味の判断が変わってしまうので、味だけの意見を聞いてもリピートにつながらないと思いました。

 

・お客様には価値を伝える努力をする


僕も同じような経験で、その昔飲食店の厨房に立っていた時に、お客様に味が濃いと言われて、しばらく薄く出していた時に、今度は味が薄いと違うお客様に怒られたことがありましたが、

結局は自分の伝えたいものを伝えなければいけないんだと思ったことがありました。

やはり味は、プロが、どんなお客様に食べてもらいたいかを想像しながら工夫して作り、さらにお客様の反応を自分なりに感じ取りながら、居心地や雰囲気やサービスも含めてトータルで提供しなければ伝わらないと思います。

もし僕が同じラーメン屋の立場なら、これはこういうものですよと、逆にそのネギラーメンの価値を伝える工夫を徹底すると思います。

もちろん、お客様に聞かないよりは、聞いた方がお客様とのコミュニケーションはとれるのでいいとは思いますが、その場合は来ていただきたいお客様か常連のお客様に聞くようにした方がいいと思います。

 

・今回のまとめ


集客のために、お客様に味の評価を聞くのは簡単ですが、意見を聞くべき相手ではないと思います。そして、意見を聞いても集客のためのリピーターにはなってもらえないと思います。

であれば、こちらがその道のプロとして、逆にお客様にその味の価値を伝え、教えてあげることと、味以外のサービスや雰囲気なども一緒になって価値を伝えることで、はじめてリピートしてくれると思います。

 

 

 

 

■札幌でホームページ制作用写真出張撮影します→

 

●札幌の起業/集客専門家がいるコワーキングスペースカフェSALOON札幌へ→

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

集客起業開業専門家・札幌モイワジーテック営業担当/コワーキングスペースSALOON管理人

もっと詳しく見る