• このエントリーをはてなブックマークに追加
起業の壁を乗り越え1歩1歩登り続ける

・起業してもゴールまで一気に登ることはできない


起業の最初の壁は、壁ではない。

前回のブログでも書きました、「起業しようと思った時に最初にあたる壁」、実は、これは本当の壁ではないんです。

最初に思い描いた理想が高すぎて、現実の自分との差がありすぎ、それを大きな壁に感じてしまっているからだけなんです。

特に真面目なあなたなら、なおさら起業時の理想や目標もしっかりしたものでしょう。

そうなんです、理想や目標がしっかりしている人ほど、その差に開きがあることがわかると、起業時に尻込みしてしまうのです。

仮に起業時に、年商1千万円を目標に掲げた時、最終目標や最終到達点の頂上は見えているのに、どうやってそこにたどり着けばいいかわからず、ただ、ただ上を見上げて途方に暮れている感じです。

それはそうですよね、山登りにたとえれば、登山口から一気に頂上には登れません。

階段でいうなら、一番下の場所から一番上の場所にも一気には登れないことと同じです。

起業の壁を乗り越え1歩1歩登り続ける

・起業時の最初の壁は壁に見えるだけ


起業時の最初の壁とは、そういうことなんです。壁に見えるだけなんです。

起業後の達成したい最終目標と、今の自分を比較して、これは到底登れないと、思っているだけなんです。

もちろん、起業後に登っていくと、壁のようなものもたくさんあらわれますが、その壁は、登っている最中の本当の壁で、起業時の壁とは違います。

ですので、あなたが起業でスタートするときや、スタートしてしばらくしたとしても、常に階段を1歩1歩のぼっていかなければ、最終目標には到達できないというです。

そして、つねに楽してジャンプアップする階段はないと思っているべきですね。今成功している人たちは、安易にそういう道は進んでいませんよ。

起業の壁を乗り越え1歩1歩登り続ける

・今回のまとめ


起業をしようと思ったなら、なんでもいいから、まずは最初の1歩を踏み出し、歩き上りだしましょう。

起業の最初の1歩は、どのような形で踏み出しても大丈夫です。安心して下さい。

起業のスタートで1歩、そしてまた1歩、と行動を起こし、進んで登っていけば、着実に到達点や最終目標に近づいていきます。

 

 

 

 

 

■札幌でホームページ用プロフィール写真出張撮影します→

 

●札幌の起業/集客専門家がいるコワーキングカフェSALOON札幌へ→

 

関連記事

プロフィール

独立起業集客専門家/札幌コワーキングカフェSALOON管理人

もっと詳しく見る