• このエントリーをはてなブックマークに追加

・日本人アスリートが海外で弱いわけ


昨日、週刊誌を読んでいて、これはビジネスでも同じだなと思った内容の記事がありました。

その記事は、勝負脳の鍛え方の著者、脳神経外科医の林成之氏の話で、世界を股にかけて戦う日本人選手達の成功と失敗の分岐点はなにか?

という問いに対して、日本人アスリートは、海外に出る時「勝ってやる」と意気込むが、これがうまくいかないと言っていました。

・韓国女子プロゴルファーの成功とビジネス成功の共通点


一方、日本のゴルフツアーで成功している韓国女子ゴルファーたちを見ていると、「日本でプレー出来て嬉しい」という気持ちがあふれていて、

仲間に加わるという意識で、脳細胞が新しい情報に対して同時に反応する「同期発火」をしており、

「相手を打ち負かす」という考えより、「彼らと仲間になって、自分のゴルフを最高に磨こう」といった考え方の方が、才能を発揮出来ると言っていました。

僕の経験からも、この考えは、起業後にビジネスをやっていくのにも、まったく同じだと思っています。

そして、過去の会社員時代にも同じようなことがありました。それは営業成績で一番を獲ろうと意気込むと、だいたい力んでしまい、うまくいかないということです。

しかし、この営業という仕事を楽しもうですとか、この仲間達と競える機会を楽しもう、としていた時は、だいたい結果もついてきていたと思います。

・今回のまとめ


起業後も、ビジネスで「勝ってやる」と意気込むと、だいたい思うような結果が出ずうまくいかないと思います。

しかし、「この仕事を楽しもう」「この仲間達とビジネスができる今を楽しもう」「まずはお客様を喜ばせよう」と考える方が、結果がついてきやすいと思います。

 

 

 

 

■札幌で集客に活かすプロフィール写真出張撮影します→

 

●札幌の独立起業/集客専門家がいるコワーキングスペースカフェSALOON札幌へ→

 

関連記事

プロフィール

独立起業集客専門家/札幌コワーキングカフェSALOON管理人カトケイ

もっと詳しく見る