起業して集客と事業のアイデアを思いつく方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・自分の頭の中を整理するブレインストーミング


僕自身の過去を振り返ってみると、起業して何か新しい集客方法やビジネスのアイデアを考えようと思った時には、自分の中を掘り下げても、だいだいいいアイデアというのは思いつかなかったです。

ではどういう場面かというと、他人と話をしている時がほとんどでした。

今風の言葉で言えば「ブレインストーミング」となりますでしょうか。

他人からビジネスのアイデアをもらうというより、自分の頭で今まで考えていたことが、他人と話すことでだんだんと頭の中が整理されて、

実はやりたかったことなど、ビジネスのアイデアがどんどん具体化してくると言った方がいいでしょうか。

・ブレインストーミング4原則の紹介


ウィキペディアによると、ブレインストーミング4原則というのが載っていましたのでご紹介します。

① 判断・結論を出さない(結論厳禁)自由なアイデア抽出を制限するような、判断・結論は慎む。

② 粗野な考えを歓迎する(自由奔放)奇抜な考え方やユニークで斬新なアイデアを重視する。

③ 量を重視する(質より量):様々な角度から多くのアイデア出す

④ アイディアを結合し発展させる(結合改善)別々のアイデアをくっつけたり変化させたりと、新たなアイデアを生み出していく。

今までも僕自身は、この4原則は意識していませんでしたが、すごくよくわかります。確かに話し合う段階であれはダメこれはダメという人が一人でもいるとアイデアは出てこないことが多かったと思います。

逆に、この話を展開できる仲間がいたところでは必ずといっていいほどチームでいい成果を出していたと思います。

・今回のまとめ


集客やビジネスのアイデアが思いつかない場合や、答えがでない問題などがあった場合は、自分の中を掘り下げず、積極的に誰でもいいので他人とお話をしてブレインストーミングを実践してみましょう。

 

 

 

 

■札幌で集客に活かすプロフィール写真出張撮影します→

 

●札幌の独立起業/集客専門家がいるコワーキングカフェSALOON札幌へ→

 

関連記事

プロフィール

独立起業集客専門家/札幌コワーキングカフェSALOON管理人カトケイ

もっと詳しく見る